血圧を下げる効果が期待できる食べ物と飲み物があり、そして運動が重要です。効果の現れ方には個人差がありますし、過剰摂取は肥満につながる場合もあります。

かぼちゃには、β-カロテン、ビタミンC・Eが豊富!

  • HOME »
  • かぼちゃには、β-カロテン、ビタミンC・Eが豊富!
スポンサーリンク


213a9fc9b7169830f0bd87793263b824_s

 

かぼちゃは甘味の強い西洋かぼちゃと、水分が多くて煮崩れしない日本かぼちゃがありますが、現在、スーパーや八百屋に出回っているのは「西洋かぼちゃ」です。栄養価は西洋かぼちゃの方が高いので、積極的に摂取していきましょう。

 

西洋かぼちゃは緑黄色野菜の代表選手と言え、ビタミン類が多く、特に、黄色の色素成分であるβ-カロテンやビタミンCやEが豊富です。

 

この3つの成分が揃うと、その相乗効果で強力な抗酸化作用を発揮します。血管の強化、免疫力のアップ、老化予防などに有効な他、肌の美白やうるおい保持など美容面での効果もあります。

 

また、β-カロテンは体内で必要量だけビタミンAに換わり、皮膚や粘膜を保護する働きをします。

 

西洋かぼちゃにはカリウムや食物繊維も多いので、体内の余分なナトリウムを排出して血圧を調整し、さらに余分なコレステロールを排出を促し、食後血糖値の急激な上昇を防ぎます。

 

加えて、ビタミンB6、葉酸、鉄分などの働きで貧血を予防したり、便秘や風邪の予防などにも効果的です。

 

また、かぼちゃは昔から、胃腸を丈夫にし、体力をつける食べ物として用いられてきました。普段から胃腸が弱い人、疲れやすい人などは、食卓にまめにのせるようにするといいでしょう。

 

かぼちゃの栄養成分は、皮や皮に近い部分、ワタに豊富に含まれています。特にβ-カロテンは、果肉よりワタの方が5倍も多いので、多少口当たりは悪くなりますが、ワタを少し残した状態で調理するといいでしょう。また、皮はよく洗って、皮つきのまま使いましょう。

 

選ぶときは、皮が硬くてずっしりと重いもの、切り売りの場合は、果肉がだいだい色で種のつまったものを選ぶといいでしょう。

 

PAGETOP
スポンサーリンク




Copyright © 血圧を下げる食べ物と飲み物と運動! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.