血圧を下げる効果が期待できる食べ物と飲み物があり、そして運動が重要です。効果の現れ方には個人差がありますし、過剰摂取は肥満につながる場合もあります。

ウーロン茶のポリフェノールで血圧調整!

  • HOME »
  • ウーロン茶のポリフェノールで血圧調整!
スポンサーリンク


62a7c891a39ecd16234922cb45340694_s

 

ウーロン茶は半発酵によって作られる中国茶の代表的なもので、半発酵する過程でポリフェノールが飛躍的に多くなり、さまざまな効能をもたらします。

 

このウーロン茶ポリフェノールはカテキンの集合体なので、緑茶のカテキンと同様、血圧の上昇を制御する作用があります。

 

また、脂肪とくっつく性質があるため、小腸でコレステロールや中性脂肪をからめとり、便として排泄する働きもあります。

 

よって、ウーロン茶を飲むと、余分なコレステロールや中性脂肪が体内に排泄されやすくなるので、生活習慣病の主な原因である内臓脂肪型肥満の予防にも役立ちます。

 

加えて、ウーロン茶に含まれるテアニンという成分には、副交感神経を刺激してリラックス感を高める効果があり、ストレスによる血圧上昇を予防するのに有効です。

 

職場などストレスの多い環境にいるとき、ウーロン茶を飲んでリラックスするといいでしょう。

 

近年は、入手しやすい茶葉には、鉄観音茶、凍頂ウーロン茶、高山茶などがあり、100℃近くの高温の湯でいれると有効成分がよく溶けだします。

 

また、中国茶の一種である黒茶にも脂肪を排泄する働きがあり、肥満予防効果が期待できます。

PAGETOP
スポンサーリンク




Copyright © 血圧を下げる食べ物と飲み物と運動! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.