血圧を下げる効果が期待できる食べ物と飲み物があり、そして運動が重要です。効果の現れ方には個人差がありますし、過剰摂取は肥満につながる場合もあります。

杜仲茶には冷えや高脂血症の改善効果が?

  • HOME »
  • 杜仲茶には冷えや高脂血症の改善効果が?
スポンサーリンク


7b5f5240969cda6ff6c3ac93da1b641f_s

 

杜仲は、中国西南部に多く分布する落葉高木です。その樹皮や葉には老化防止の効能があるとされ、中国では古来から漢方生薬として用いられています。

 

なかでも、杜仲の葉を干して作る杜仲茶は「不老長寿の仙薬」とも呼ばれ、その効果が珍重されています。

 

杜仲の葉には、その杜仲葉配糖体という固有成分が含まれており、その代表的なものがゲ二ポシド酸です。

 

この成分が体内に入ると、副交感神経を刺激し、末梢血管のまわりの筋肉を和らげて血管を拡張し、血流の抵抗を減らすことで血圧を穏やかに下げるよう働きます。

 

これによって血液循環が促進されるので、冷えや冷えからくる肩こり、腰痛などの改善にも役立ちます。

 

杜仲葉配糖体のもう一つの代表的成分、ピノレジノールジグリコシドには利尿作用があり、ナトリウムの排泄を促します。

 

さらに、杜仲茶には、高血圧の食事療法に不可欠なカリウム、マグネシウム、カルシウム、亜鉛などのミネラルも含まれています。

 

杜仲茶は、茶葉でいれるほか、ティーバッグやペットボトル入りなど、いろいろな種類が市販されています。

 

有効成分を効率的に摂取するには、茶葉やティーバッグは弱火で10分ほど煮出してから飲みます。ノンカフェインで胃にやさしく、温かいお茶でも冷茶でもおいしくいただけます。

PAGETOP
スポンサーリンク




Copyright © 血圧を下げる食べ物と飲み物と運動! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.