血圧を下げる効果が期待できる食べ物と飲み物があり、そして運動が重要です。効果の現れ方には個人差がありますし、過剰摂取は肥満につながる場合もあります。

玉ねぎのイソアリインで血液をサラサラに!

  • HOME »
  • 玉ねぎのイソアリインで血液をサラサラに!
スポンサーリンク


f081b5421113e263b47e0c480dfa12b0_s

 

中央アジアが原産地の玉ねぎは、紀元前3千年以上も前からメソポタミアやエジプトで栽培されていたといわれています。

 

ピラミッド建設に関わる労働者たちはニンニクと一緒に食べていたという記録もあり、ヨーロッパでは風邪、下痢、利尿、血流改善など広く用いられてきました。

 

日本には明治時代になって入ってきたようですが、薬効があるうえに、いろいろな料理に使いやすく、日持ちのいい野菜として今ではすっかり常備野菜の定番となっています。

 

玉ねぎの特有の成分は、イソアリインというイオウ化合物の一種で、玉ねぎの刺激臭や辛みのもとになっています。

 

玉ねぎを切ると鼻がツーンとして涙がでるのは、このイソアリインが空気中に飛び散って、目や鼻を刺激するためです。

 

イソアリインには、血液を固まりにくくして、血栓ができるのを抑える作用があり、動脈硬化の予防に有効です。

 

さらに、玉ねぎには、ポリフェノールの一種であるケルセチンという成分が含まれています。これは油と結合する作用があるので、腸内の脂肪と結びついて便と一緒に排泄し、血液をサラサラにしたり、肥満を予防するのに役立ちます。

 

また、抗酸化作用も強く、血管を丈夫にして高血圧や動脈硬化を予防、改善するにも有効です。

 

PAGETOP
スポンサーリンク




Copyright © 血圧を下げる食べ物と飲み物と運動! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.