血圧を下げる効果が期待できる食べ物と飲み物があり、そして運動が重要です。効果の現れ方には個人差がありますし、過剰摂取は肥満につながる場合もあります。

緑の野菜でカロテン類や葉酸で血液サラサラ!

  • HOME »
  • 緑の野菜でカロテン類や葉酸で血液サラサラ!
スポンサーリンク


c0db9bcc58bb9441c0bd37930feb0e88_s

 

ほうれん草などの葉もの野菜や、アスパラガスなど緑の濃い野菜に多く含まれているのが、色素成分のカロテノイドで、赤い野菜に多い、β-カロテンに加え、α-カロテンも多く含まれているのが特徴です。α-カロテンの抗酸化力は、β-カロテンより強いと言われています。

 

また、緑の野菜にはビタミンB群のひとつである葉酸も豊富です。この成分は「脳の栄養分」とも呼ばれており、血液の循環をスムーズにし、血圧を安定させるよう働きます。そのほか、カリウムやビタミンなどもたっぷり含まれています。

 

ほうれん草には、カロテノイドやビタミンC、カリウムが豊富です。葉酸のほか鉄分やマンガンなど、造血作用のある成分が多いので、貧血の改善に高い効果があります。

 

小松菜の成分はほうれん草と似ていますが、カルシウムが豊富なのが特徴で、貧血や骨粗しょう症の予防に働きます。

 

春菊に含まれるカロテノイド、ビタミンC・Eには抗酸化作用があり、豊富なカリウムがナトリウムの排出を促します。

 

アスパラガスには、毛細血管を拡張するアスパラギン、アスパラギン酸が含まれており、血圧を下げる働きをしてくれます。

 

緑の野菜に含まれるこれらの成分は熱に弱いものが多いので、炒めたり、ゆでたりするときは火を通し過ぎないよう注意しましょう。

 

通年出回っていて手に入りやすい、さやいんげんには、β-カロテン、ビタミンC、食物繊維、カリウムなどのほか、リジンやアスパラギン酸が多く、疲労回復効果もあります。

 

枝豆には良質なタンパク質やアミノ酸のメチオニンが含まれ、肝臓をアルコールから保護してくれるので、お酒のつまみに添えるのがおすすめです。

 

そら豆に含まれるレシチンは血栓を溶かし、肝臓に脂肪がつくのを防ぎます。また、豊富な食物繊維が高血圧や動脈硬化の予防などに有効に働きます。

 

PAGETOP
スポンサーリンク




Copyright © 血圧を下げる食べ物と飲み物と運動! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.