血圧を下げる効果が期待できる食べ物と飲み物があり、そして運動が重要です。効果の現れ方には個人差がありますし、過剰摂取は肥満につながる場合もあります。

緑茶のカテキンとギャバで血圧上昇を抑える!

  • HOME »
  • 緑茶のカテキンとギャバで血圧上昇を抑える!
スポンサーリンク


6314849cd9ee3c597211d0c4c463f276_s

 

緑茶には実にさまざまな成分が含まれていて、多様な効果があることが知られています。その代表的な成分が緑茶特有の渋みを作りだすカテキンで血圧上昇を抑制する効果もあります。

 

血管の収縮と血圧上昇にはアンジオテンシンⅡという物質が関わっていますが、それを生成するアンジオテンシン変換酵素に対し、カテキンは阻害効果を発揮します。

 

また、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きもあり、脂肪異常症の予防にも有効です。

 

加えて緑茶の茶葉には、血圧降下の代表的成分のひとつ、ギャバも含まれているので、カテキンとの相乗効果が期待できるでしょう。

 

さらに、抗酸化作用があるβ-カロテンやビタミンC・Eなどの成分は、悪玉のLDLコレルテロールの酸化を防いで、動脈硬化を予防します。

 

また、お茶の苦み成分であるカフェインには、血圧調整につながる利尿作用や、疲労回復効果があります。

 

緑茶の成分をとるのに効果的なタイミングは、毎食後です。とくに1煎目、2煎目にカテキンが豊富に含まれているので、1~2杯飲むといいでしょう。

 

なお、β-カテキンとビタミンEは脂溶性のため、浸出液にはほとんど溶けだしません。茶葉用ミルで粉末状にしてヨーグルトにかけたり粗びきにしてふりかけにしてとるといいでしょう。

 

PAGETOP
スポンサーリンク




Copyright © 血圧を下げる食べ物と飲み物と運動! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.