877a58e50da9f3c922478f1b68c3099b_s

 

高血圧の人が運動を始めると、当初は運動中の血圧が上昇しがちとなりますが、上昇の幅が大きいのは危険です。

 

とくに筋力トレーニングは、無理をすると、瞬間血圧が上がるので注意しましょう。低負荷のメニューを選び行うときは呼吸を止めず力まないことが大切です。

 

また、頭を下げる運動は、下げた状態から上げる時が上昇するので、この種の運きは選ばないようにします。

 

高血圧の人の筋力トレーニングは、低負荷のものを高反復することで効果があがります。慣れてきたからといって負荷を上げすぎるのは危険です。

 

また、運動は体調が悪いときに無理をしてまで行うものではありません。風邪気味や運動不足のとき微熱、だるさ、下痢、吐き気、動悸などの症状があるときは運動を休みましょう。

 

何日か休んだあとは、その分を取り戻そうとして、頑張りすぎないこと。運動中に、めまい、冷や汗、動悸、激しい息切れなどの症状がでたら、運動を中止して医師の診断を受けましょう。